テニスとワインのある暮らし

世界中のATPツアーを回りながら現地ワインを飲みたい。その生活を実現するために初めてみた。

【雑記】海外ドラマはイケメンがいて好奇心が満たされるものに限る。一覧リスト。

夜が長くなってきて、テレビの前にいることが以前にも増して増えました。

相変わらずFXとワインは継続していますが、なかなかアップができていませんね。

テレビの前にいるとやっぱりスポーツ観戦か、お笑いか、海外ドラマ。

今日は海外ドラマについて書きたいと思います。

 

今日は以下を紹介したいと思います。

 

 

 

私が見れるのは

 

私が過去に見たことがある海外ドラマ

 

まずは私が見たことがある海外ドラマ(韓流を除く)を羅列していきます。

同じ趣味の人はいるかな。

  1. Xファイル
  2. フレンズ
  3. ゲームオブスローンズ
  4. SHERLOCK(シャーロック)
  5. SUITS(スーツ)
  6. ファーゴ
  7. スーパーナチュラ
  8. グリー
  9. マイアミバイス
  10. プリズンブレイク
  11. ゴシップガール
  12. グッドワイフ
  13. クリミナルマインド
  14. メンタリスト
  15. フルハウス
  16. CSI科学捜査はん
  17. デスパレードな妻たち
  18. セックスアンドザシティ
  19. ビッグバンセオリー
  20. アグリーベティ
  21. シリコンバレー
  22. エレメンタリー
  23. BULL
  24. ホワイトカラー
  25. 弁護士ビリー
  26. iゾンビ
  27. ナイトマネジャー
  28. ボーンズ
  29. モーツァルトインザジャングル
  30. NCIS:LA
  31. Hawaii:five-0
  32. ヴァイキング
  33. ダウントンアビー
  34. 魔法のレシピ
  35. スタートアップ
  36. スコーピオ



・・・かな

内容は長くなるので割愛します。

 

 

私のオススメの海外ドラマ

この中かからはまった海外ドラマを紹介

(エレメンタリーはずっと見てたけどハマるほどじゃなかった)

これだけ。

まず一話目でなかなか惹かれるものがない。

この3つは一話目から引き込まれるし、一話完結タイプなのに一気見したくなるほど。


私がハマる海外ドラマの共通項

ここからわかる共通点は

  • 主人公が若い、イケメンがいる
  • ドラマ内の話が現代的(技術的)
  • 推理ものだが重すぎずコメディや恋愛要素も含まれる
  • 知的好奇心がくすぐられる内容が含まれる

 

こんな感じですかね。

iゾンビだけは異例かも。検視役の男性がセクシーなのに中身がチャーミングすぎて近くにいたら絶対好きになる。

SUITSはマイクじゃなくてハーヴィー派。かっこよすぎるし、セクシーだし、右往左往しないし、絶対的にかっこよすぎる。

BULLはもちろん、主人公のBULLがかっこいいよね。あの太い体格とか肉つきのよさとかがどうしても抱きつきたくなる。

SHERLOCKは抱かれたい感じはないけど、頭の良さに圧倒される。



なかなか知的好奇心も満たしてくれるような、コメディ入り恋愛入りのドラマってないもんだよね。

動画サービス3つも見れるのになかなかないのよ。オススメがあったら教えて欲しい。

 

【雑記 】完全独学!ワインエキスパートと一次試験を突破しました

ワインエキスパートの一次試験を突破しました。

完全なる独学です。

ワイン.comにも登録はしていません。

 

試験勉強を始めた時期

試験勉強は5月の中旬から細々とスタートしましたが7、月後半から8月の半ばにかけてはFXにハマっていたので全く勉強を手につけていませんでした。

8月最終日に一次試験を受けて、無事に突破したので、その記録として内容を残しておきます。

元々ワインの勉強を始めたのはワインを美味しく飲むためにワインのことを知りたかったからです。興味があったので、テキストを読んでいくうちに、テキストと会話ができるようになり、もっともっと知りたい、とのめり込んでいきました。

 

今だから思う、こうすればよかった勉強法

今考えると効率の良い勉強の仕方に関しては以下のやり方が一番いいかと思います。

まずは教本以外に一つテキストを購入する、その内容を一通り確認する。※この段階でテキストの内容を一つ一つ全てノートにまとめる必要はありません。

それよりもCBT方式の試験に慣れるために、問題集を1冊買ってください。私はテキストとペアになっている問題集を買うのではなく、とにかく問題数が多い問題集を購入しました。

(CBT方式の特徴としては同じ回答を求めるにしても複数の問題が作れるようになっているので、一つの回答に対して多方面から理解しておく必要があります。例えばあるヴァレーに関しては、歴史面や標高・気候など地理的要素、関わった人名や、品種などです。)

私が購入した問題集は、全部で問題数は1500問あったかと思います。

教本から手をつけるのではなく、テキストから読み進めたほうがいいです。

教本は資料集的扱いで、教科書は買ったテキストを使いましょう。テキストを一通り読んだら、まずは問題を解きながら、間違っていたところをテキストと当てはめていきます。そこで何度解いてもわからなかった問題だけをノートにまとめるようにしました。

 

私の勉強のやり方は、元々はテキストを読んでノートにまとめる重要そうなところをノートにまとめるようなやり方をしていました。これの問題はすごく時間がかかることです。そしてまとめることに満足してしまい、理解したのかがわかりません。一次試験は理解と暗記が必要なので出来るだけ省エネで行きましょう。

途中からは問題集を浸すひたすら解いて、自分に染み付くように努力をしました。

協会によるCBTテストの方式だと同じ内容を問題にするとしても、多方面からその物事を理解してないと点数が取れないようになっています。

なので、問題の答えを覚えてしまっては本番では通用しないケースが多いので、同じ事柄に対して複数面から問いを持っているような問題集の多い方が有利だと思います。

 

本格的に問題集を解いた時期

私が本格的に問題集を何回も解いて勉強し始めたのは、テストの本番1週間前でした。それでも間に合いました。

ただ、私の、ちょっと良くなかった所としては最初から、フランスとチーズ関連、それと地方料理については切り捨てていたので、本番の試験でもほとんど解けていなかったかと思います。今は試験が終わったので教本とテキストを見ながら染みつかせています。一気に覚えた内容なので抜けが速いのを実感してます。

捨てる問題をテスト前に決めていましたが、それ以外の問題は結構解けるようになっています。ヨーロッパ諸国やニューワールドに関してはどんな問題に関してもほぼ解けるようになっていました。

 

テスト前に資料集(教本)を必ず読むと良い。

後もう一つ何かアドバイス出来るとしたら、テキストだけと問題集を行き来しててもストーリーを覚える事に関しては張本が一番です。

やはり問題に関しては、教本を元に作られているので、標本の細かい部分とかが問われることもありました。

 

CBT方式のテスト内容について

Twitter上では基本的な問題が多かった、簡単だったという声がありましたが、私にとっては結構細かいところまで聞いてきたり、重箱の隅をつつくような問題も出たなぁと思っています。

 

例えばここでいくつか覚えてる問題に挙げてみるとすると

  • ポルトガルでカステラの下になったと言われるお菓子はどれでしょう、
  • オーストラリアのイーデンバレーに関しては、標高何メートルでしょうか
  • 洞窟の貯蔵庫を持っているのはどの地域でしょうか?
  • サブリージョンの組み合わせ

また、今までの出題されていた問題との傾向は異なっていたようです。

過去の出題傾向から、問題が出題される国と出題されない国というのが分かれていたと思いますが、今年に関しては教本に載っているすべての国から問題が出題されました。それこそするべきやだったり、モルドバだったり、ウルグアイ、そういったマイナー国からも出てきました。

 

また、地方料理に関しても、教本にへの記載は少なくなりましたが、ドイツの食習慣などについては出てきました。

 

印象として多かったのは、やはりワインの概要論、それと日本について、それとドイツ南アフリカアメリカというのが結構多かったかと思います。

 

また、人名の問題も出ましたし、年号を問うような問題も出てきました。

気候について問われる問題も多かった印象です。

また今まではドイツの問題でも、狙い一畑の組み合わせについては問われることが少なかったかと思いますが、畑単位で確認されました。思ったより少なかったと思ったのは、日本酒に介する問題とビールに関する問題です。

 

ワインエキスパート だけど輸入や販売についても問われる。

それと、私はワインエキスパートの試験を受けていましたが、ソムリエでしか使わないような知識、それも問われました。例えば原価率の計算だったり、輸入の場合の用語を問われました。

 

完全独学でもGW明けからでも合格は狙えます。

以上、合格体験記でした。

【Fx 】ばいーんで取れた40pips

先週はなかなかチャートが思うように動かなかったんで、あまりトレードはしてなかったんですけれども、今週も環境認識含めトレードをしていました

 

f:id:aoyama80s:20190827182118j:plain

1h

まず、これは1時間足の、ポンド円のチャートです

見てみると、ギザギザした形でチャートが動いているようになります

窓を下に大きく開けた状態でスタートしました。そこから戻されるような形で上昇をしています。月曜日時点では小さなギザギザが多くできましたが3回ほどバイーンという形で上昇が見られたので、この時点では買いの力が強いということが認識できました。

 

f:id:aoyama80s:20190827182408j:plain

M5

これは画面ピクチャの日付が間違っていますが27日のチャートです

月曜日時点で下に大きく開けた窓も一瞬にして100%戻されているところを見ると上昇の力の方が強いということがここでも分かります

この時点でのシナリオでは上昇の力が強いということが分かっていたので5分足チャートを見て200メートルAラインと1時間足の200MAラインが下のサポートになることを確認してまた下側にトレンドラインが引けるため交わったところで買おうと思っていました。

実際に赤い矢印のあるところで買いのエントリーをしました

 

f:id:aoyama80s:20190827182712j:plain

M5

この通り、5分足の200MAラインを割っていきましたが、1時間足の200Ma線を水平線で引いてあったのですが、そこを勢いよく上昇で抜けたところで買いのエントリーを入りました

そのまま上に上昇していくのを見て40pips獲得することができました

最終的に20pipsでなく四十dpsにした理由に関しては、上昇の手前の谷の部分でフィボナッチエクスパンションを当てた時にエクスパンションの261.8まで上がっていたことが理由ですそこからは確実に下降してくるだろうと思ったのでそこまでしました。

 

チャートの上位足と5分足で同じ方向性に動いている時に注文することが一番短時間で安全なトレードということが身をもってわかりました

良いトレードだったと思います

【 雑記】男の人も癒してくれる相手を求める。

今日は自分の恋愛の癖について書いてみる

先週末、久しぶりに新しい男の人に会いました。

これはマッチアプリであったもので、相手は私より三つ年上の会社を経営している人とは言っても、始めたばっかりでちゃんと組織化もされてないし、従業員がいるわけでもないし、経営してると言っても個人経営という形で法人化されてない企業です

 

私の悪い癖は恋愛点初対面の人に、どうしても自分がこんなに一生懸命頑張ってるんだよ、仕事もそうだし、他の事も頑張っててとても天真爛漫で好奇心旺盛の子なんだよ!っていうのをどうしてもアピールしたくなっちゃって、なんとなく男の人を聞いちゃうところがあるんですよね

 

男の人って家ではリラックスしたいから自分を興奮させてくれるようなエネルギッシュな女性よりも、自分を癒してくれるような女性が好きだと思うんです

 

私はなかなかそれにね、当てはまることができなくって、まゆなれば仕事のことを今回も喋りすぎちゃったんですよね

 

私はその人のことを今回本当に気に入ってたので、絶対次もデートに一緒に行きたいし、できればここから転がるようにその人と一緒に付き合っていけたらなぁっていう風に思ってた

だけど、なかなかそうはならなくて、相手はもっと見かけだったりとか興奮する相手っていうよりは自分が一緒にいて可愛いなぁ癒されるなぁって思えるような相手を求めてたらしくて、連絡先は交換したものの次のチャンスがないような形ですごく寂しいです、

 

私がうまくいくパターンは仕事のことをあまり話さないでいて、かつ相手の話をたくさん聞いてあげると、やっぱり男の人って自尊心がねくすぐられるんだなぁっていう風に思った

 

今回あの人に会ってみて、改めて自分の好きな人を認識しましたね

どんな人が好きかというと、やっぱり言葉遣いがすごく柔らかくて穏やかでいて、ポジティブな人そういう人が好きだと思いました

 

もう一度チャンスがあったらなぁっていう風に思うんですけどバランスってなかなかうまく撮れないものだし時間が楽しかったから良いのだけれど。

 

 

ここに書いちゃうぐらいにはとても惜しい思いをしたなぁと思って、次の自分の戒めのためにも残しておこうと、今書いています

 

 

 

【雑記】不の連鎖を断ち切る処方箋

今日は負の連鎖について整理をしてみたいと思う。

 

負の連鎖が起きるきっかけ

負の連鎖って何かって言うと自分が何かをしている時に、どうしても悩んで何かを買ったとか結構時間をかけてその物事に取り組んだのにその時点では満足していたとしても、 時間が経って見てみると他にもっといいことがあったとか。

そういう場合が結構あったりするんですよ

 

実例

例えば何かと言うと今回は結構考えてタブレットを買いたいなっていう風に思ったんですよね 

タブレットを買うにも資金を作らないといけないからできるだけ安く買いたいし、そういうことを考えていると、

今クレジットカードで買うよりもメルカリとかで不用品を売ってからそれを元手にできるだけ3%引きのチケットとかを使って安く買いたいなと思って。

もちろん、価格交渉もしてできるだけ安くそして早く手に入れられるようになりたいなと思ってました 。

Amazon は6000円ぶんのギフトチケットを持っていて即日配送ができると、他のメルカリとかのアプリに関しては、不要品を売って約7000円ぶんの資金があると。

それで18000円ぐらいのものを買おうと思ってたんですよね。

 

なので Amazon のギフトチケットに関しては結構を他の買いたいものとかに応用も効くから、できればメルカリやそのラクマとかで不用品を売ったものを銀行に送り込むとすると手数料とかかかるから、そこのマーケットで使った方が一番はロスがない。

なので、考えていたのは不要品を売って、そのお金で今回のタブレットを買うということそれを考えていました。

で、結構有楽町のビックカメラに行って3時間ぐらい滞在しては、店員さんと話しながらどういう機器を買うべきなのかとか相談して、よしこれを買うと。あとは資金作りだけだっていう風に考えてたんですよ。

今日ちょうどタイミング良くラクマで物が売れて、マーケットにもタブレットが18000円ぐらいで wi-fi スタイルではなくて SIM フリーのもので出てきて。

これを買おうと思って値引きはできなかったんですけど、即決して買ったんですよ。結構一週間ぐらい我慢したんですよね、買おうと思ったから。

 

そしたらなんと、昨日hauweiから新しいタブレットが、そんな価格も変わらないのに高スペックのものが出てきたんですよ!!!!

 

それが悔しくて悔しくて。

 

新しい商品が出てくるってことは、その前の型落ちの商品は安くなるはずだし、なんてタイミングの悪い時に買ってしまったんだと。

自分はすごくいいタイミングで最初は買っていたし、特な買い物をしたので、すごく嬉しかったのにちょっと経ってみて情報を調べてみると、もう全然本当はベストなタイミングじゃなかったんだなって思うんですよね。。。

 

そういうふうに一回思ってしまうと、どうしてもその他の事柄、例えばタブレットを買うっていうこと以外にも悪いことばかりが目に付いて行くんですよ。

私の中でまるで悪いこと探しているかのように、あれもこれもやだったっていうに、ネガティブな感情ばかりを探すようになっちゃってるんですよね。

 

これが負の連鎖ってやつですよ、で、これをどうやったら断ち切れるのかなーって考えてるところなんです。

 

負の連鎖は癖になるのか

私の癖なのかどうかわからないんですけど、その物事が起きてしまった後にネガティブな感情した時に勉強になったなとか、じゃあ次こうしようっていうのはもちろん考えるんですけど。

それ以上に悔しくって、なかなかその悔しさが手放せないんですよね。

諦めが悪くってすごくその考え方にとらわれていて、じゃあ仕方がないなとかそういうふうに自分の中で消化できなかったり流され流すことができないっていうのが、自分の中で特徴としてあるなっていう風に思います。

 

で、これがネガティブなことを考えれば考えるほどそういうことに執着しているのが、すごくわかるようになってきました。

どうしたらいいんだろうか??

 

私なりの断ち切り方

人の記憶って、なんで良いことよりもネガティブなことの方が記憶されるようになってるんですかね?

防衛本能?脳みそって私が考える限り結構単純にできているので、思考回路を強くすることができるんですよね、ちょっと気持ち悪い話に聞こえるかもしれないんですけど。。

ネガティブなことを考えれば考えるほど、その思考回路が強くなるし、そこに対するショートカットみたいな機能が強く働いて行くんです。

ある意味それがコントロールできることだっていうふうにわかると、じゃあどうしようかっていう風に建設的に考えが前に進むことが時々あるんですよ。

 

一番できるようになりたいのは、起きてしまった事柄について、自分の中でコントロールできること・コントロールできないことって言うことを分けて、そこからはあまり自分を無駄遣いしないように過ごしていけるようになることがいいなっていう風に思いまして。

 

じゃあ、これを自分の中で具体的な経験からこれからの生活にどうやってそれを処方箋として自分の生活の糧にするのかっていうのを考えていきたいと思う。

 

具体的な事としては、何かをすればその負の連鎖が断ち切れて、自分のポジティブな思考回路を強化する方に向くと。それができるようになるためには、具体的に何をすればいいのか考えたい。

その事柄に対してメリットを考えてみるのはどうかな?

 

実践するには

メリットを考えてみてこういういいところもあったから良しとすると。自分を許す。

それを頭だけで考えてると、効果が弱いんで、自分の持っている五感を使って、ちゃんと自分で自己認識できるようにする。

つまりは、自分で声に出して書いてね聞いてみるっていう聴覚を使う方法と、自分の視覚的に認識するとして文章で紙に書いてみてもしくはツイートしてみてこういう良い面もあったんだなとちゃんと理解すること。これを一回行ってみようかな習慣として。

 

もしネガティブに落ちほんでしまったら、私はその事柄で良かったこと、もしくは今日できたことなどをちゃんと視覚的にもしくは聴覚的に認識できるようにしてみる、ていう風に言うとすごくめんどくさそうだったりとかハードが高そうに思えるから。

私はツイートする自分の良かったところツイートする。

うざいぐらいネガティブじゃなくてポジティブになるかもしれないけれども、それでも自分を自分で上機嫌にできるようになる方がコントロールできるようになる方がよっぽど価値があると思う 。

【雑記】投資家がお金よりも大事にしていることを読んで、やりたい事業2つが明確になった話

投資家がお金よりも大事にしていること、っていう本知ってますか?

これがまさに、メルカリで売れた途端、それまで読んでいなかったのに読んで手元に残したかった本だったことに気づきました。

人によってはチープな本と受け止めるかもしれません。

 

ただ私にとっては、今色々と吸収できる良いタイミングで読むことができました。

 

評価経済の中で、何を軸としていくのか。どのように経済参加をしていくのか、何を志していくか。そんなことがたくさん書かれています。

日本と米国の投資の仕方についての考え方の違いもありました。寄付金額から見た、国民性の違いも面白かった。日本人を否定するわけでなく、お金の授業がなければ、考え方も偏るし、日本にこびりついた金稼ぎは悪というのはなぜそうなっているのかを感覚的だけでなく事実を元に認識ができるようになっていたり、自分が苦しんでも他人を豊かにするという独特の美学とされているものについてなど背景や成り立ちが理解できる。

働くという投資をしているが、それをどのように受け止めているのか?とか、どのように企業や投資信託を見極めるのか(その背景にある日本企業の成り立ちとサラリーマンは誰のために働いているのか)と続いていきます。

 

良い消費者とは何か?ものに対する対等な価値とはどうやって考えるのか、自分の消費行動を振り返っても考えさせられることが多くなりましたし、それを自分の行動基準に落とし込むためには、自分で適正なものに適正な価格で消費活動をするための基準を作ろうと思います。安いものはどこかにしわ寄せなどがあるし、ビジネスのあり方が面白い。消費行動から、生産行動まで、その先にある企業のこと、成り立ち、それこそ財務はマーケティング、人事の考え方などもいろんなことが知りたいと思いました。

あと米国と日本のプレゼンの違いについても面白かった、消費者に誠実で真面目であるということは日本のプロダクト信者企業はプロダクト自慢をするが、それは正しいことなのだろうか?とか。

 

それを読んで、やっぱりやりたい2つの事業を強く思いました。自分がこれから何を描いて、求めていきたいのか、実現したいのか、改めて強く感じましたね。

さてさて、行動をどのように変えていくのか。

 

お金に興味がある人、自分を何にどんな風に投資をしたら良いのか?とよくわからなくなっている人、そういう人に読んで欲しい本でした。

 

中古で安く売ってるけど、できれば正規料金で買って欲しい本です。

【雑記】日本人でも英語話者むけアナウンサーなら、外国人モテの風貌になる。

今日はTVで見たい番組がなく、無音なのも微妙なのでホワイトノイズとしてNHKWorldを見てました(ホワイトノイズになるってことは英語を理解してないってことなんだけどね)

 

対象者によって、アナウンサーも変わる

そのときに思ったんですが、NHKの日本人英語話者がアナウンサーとして出演していたんですが、あまりにも普段日本の番組で見かけるアナウンサーとは異なっていて、対象者が異なれば、こんなにもアナウンサーも異なるんだなってびっくりしました。

 

どんな風に変わったのか

日本の番組のほとんどはロリ系ですよね。従順で、口答えしなさそうで、一歩引いて見てて、目立つところがないって感じ。子供っぽい。

ただ今日のNHKWorldのアナウンサーは真逆でした。年配、細眉で釣り上げ、青のアイシャドウ、前髪はオールバック。外国人ウケするような、外国人がこの人の話であれば信頼できる、真っ当なことを伝えていそうだと感じるような風貌だったんですよね。同じNHKでも日本語話者向けと英語話者むけでこんなにも風貌が違ったんです。面白い。

エルダーの方が、歳を重ねて素敵っていう考え方も反映されているでしょうね。日本の若くて綺麗は根強いですか、それとまた違う価値観。

 

海外のニュース番組を見ても明らか

海外のニュース番組を見ても、やっぱりその国の女性代表みたいな人たちがアナウンサーしてますよね。米国であれば、体のラインも出るし、前髪も長くて、キャリアっぽい、強そうな感じ。他の国もやはりそうでした。

 

違う番組を見てみると発見があって面白かったですね。